ホテル宿泊のおしながき

ホテルに泊まったことを綴ります。不定期更新。

【東京ディズニーランド】トイ・ステーションでディズニー・ビークル・ファクトリーを体験してきた

2024.01.09(火)にトイ・ステーションでディズニー・ビークル・ファクトリーを体験してきました。

同日の他の事を書いた記事です↓

ディズニー・ビークル・ファクトリー

2023.12.15から始まった自分でパーツを選んで好きなビークルを作れる体験です。

開始当時はスタンバイパスがすぐに終わってしまうという情報をSNSで見かけたので、わたしも取れるか心配したんですけど結果全然余裕でした。

スタンバイパスは必須ですが取れました。今回行ったのが閑散期の1月の平日だから簡単に取れたのかもしれません。

ビークルは一回のお会計で3個までだから、スタンバイパスは一日に何度も(枠が空いていたら)取れるので、がんばれば全9種類コンプリートできるでしょう。その分お金は飛びまずが(全部集めると18,000円)

 

わたしは以前にオンラインアプリで売ってる3種を買っていたので、残り6種類をスタンバイパス2回とって全種類コンプリートしました。

スタンバイパスって一日に一回しか取れないと思っていたので、キャストさんがスタンバイパスが空いていたら何度でも取れると教えてくれたのでその教え通り取りました。

 

ビークルが出来上がるまでの流れ

トイ・ステーションのビークル・ファクトリーの入り口でキャストさんにスタンバイパスのQRコードを見せる。

QRコートチェックが終わると、キャストが全体の流れを説明してくれます。説明が終わったらこちらのトレイをひとつ受け取ります。

トレイを受け取ったらパーツ選び。

パーツの台は両面2か所の計4か所あり。わたしが行ったときは4か所ギチギチに人はいなく、スタンバイパスで制限しているので基本ゆったり。

全9種類の見本があるので、イメージがわかなかったら見本を見るとヨシ!

見本の下にはミニファクトリーがあってベルトコンベヤーが動いてます。可愛いね。

小さい男の子たちはみんなここに興味示してました。

 

選んだパーツをもってお会計。

お会計の時にここでシートと車体を仮止めしてくれます。キャストさんによっては仮止めをやらせてくれる人もいました。(これはキャストさんの善意とお店の込み具合で変わると思いますので必ずやらせてもらうとは限りません)

仮止めのビークルをトレイに乗せてもらって工場に連れていきます。作業場は2か所あり。

ここでネジを止めてもらいます。作業の動画撮影はキャストさんにお願いしましたら快くOKが出ました。キャストさんの顔を写さずに手元だけ撮影しましょう。

完成したビークルはちゃんと試験走行もしてました。可愛いね。

走行もOKならばキャストさんが袋と箱に入れてくれて、それを受け取って終わりです。

工場作業時間は3個だと10分くらいかな?ひとつひとつ丁寧に作ってくれるので時間がかかりますね。

 

時間に余裕があるのか、どのキャストさんもとても丁寧な接客でお話も出来て楽しかったです。9種類コンプリートしたってお話したら驚かれました。笑

今回体験したのは40周年のビークルでした。

どうやらこの40周年バージョンは第一弾とのこと。ということは・・・第二弾もあるってことですね!第二弾がいつになるかわかりませんが楽しみに待ってましょう!!

 

同日の他の事を書いた記事です↓